3人の子育て中パパの資産運用体験記

三人の子供達を育て上げるために試行錯誤中の各種資産運用を実況中継(不動産投資、太陽光、投資信託、金・プラチナ、株、FX、仮想通貨など様々な分野にチャレンジ中)

「従業員持株会」参加のメリット・デメリット(実体験から)

資産運用っておもしろいですね〜

 

本日は、「従業員持株会」参加のメリット・デメリットについてです。

f:id:haryuku:20211122100034j:plain

 

前職では、「従業員持株会」があり、自社株を購入することができ、私も参加していました。

「従業員持株会」とは、従業員が自社株を定期的に購入できる制度で、多くの場合奨励金があるようです。

 

私は、今年8月に転職し、現職ではこのような制度がなく、転職に後悔している今日この頃です(笑)

まあ、後悔の理由はこれだけではないですが・・しかも、また、12月には早々に再転職します。。

すみません。話がそれてしまいました。。転職話については、また書こうと思います。

 

私の実体験に基づく、従業員持株会参加のメリットとデメリットは次の通りです。

 

メリット

1.お得に購入できた

前職の場合、毎月、給与の一定割合を拠出し、四半期ごとに自社株を購入する、という仕組みでした。

私の場合、以下の条件で購入できました。

・ 拠出金額に、15%上乗せした金額で購入

・ 四半期で一番の安値で購入

かなりいい制度でしたね。

 

2.自社株の株価を気にするようになった

ストレートに、モチベーションのアップにつながった、とまでは正直言えないですが、やはり、自社株の株価を気にするようになったのは間違いないです。

 

このことにより、会社が市場で評価されるにはどうすればいいのか、また、逆に株価を下げてしまわないようにするにはどうしたらいいのか、といったことは考えるようになったと思います。

このことは、会社にとっても、従業員にとっても、いいことだと思います。

 

ただ、本来的には、まずはお客様のことを考えて行動し、その結果として株価が上がるのが理想なのでしょうが、、、

 

デメリット

1.元本割れの可能性はある

いくらお得に購入できたといっても、「株」ですので、元本割れの可能性はあります。

しかも、自分が働いている会社の株価が下がっているので、Wパンチのようですね。

 

私も在籍時に一時、株価が大きく下がったことがあります。

ただ、その時には、株を割安で購入できる(いずれ高くなった場合、評価益が大きく出る)と割り切っていました。

 

2.いつでも売却できる訳ではない

持株会で購入した株は、好きな時に売却できる訳ではありませんでした。

ただ、退職しなければ売却できない、といった縛りはなく、「いつからいつまでの期間は売却できます」といったアナウンスが四半期に一度くらい来ていましたので、その期間は自由に売却することができました。

 

個人的には、メリット>>デメリット

個人的には、メリットの方が大きく、デメリットはそれほど気になりませんでした。

やはり、前職はいい会社でしたね。失ってわかる有り難みです。。(笑)

 

クヨクヨしても仕方ないので、がんばりましょう!!

 

最近登録しました。

↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村